医薬品のプロフェッショナル

薬剤師は現在では六年制の大学で必要なカリキュラムを履修し、国家試験に合格して免許を手に入れた人のことを指します。少し前までは四年制のカリキュラムで済みましたが、プロフェッショナルとしての能力を育むために六年制が敷かれるようになりました。医薬品を取り扱う上でのプロフェッショナルとして認められた人に出される免許で、市場に流通している医薬品について広い知識を持っています。医師のように処方箋を書くことは認められていませんが、処方箋に基づいて調剤をするのは薬剤師の職能です。そして、その医薬品を適正使用してもらうために患者に詳しく説明することも薬剤師の仕事となっています。また、医薬品の管理や、医薬品に関わる情報の収集と発信も行い、総合的に薬を扱う専門家として仕事をしているのが薬剤師です。

薬剤師が働く現場とは

薬剤師は主に調剤薬局と病院で働いています。職能として調剤ができるのは薬剤師だけなので、その必要がある現場で重宝されているのです。ドラッグストアでも調剤をするようになってきている影響で、薬剤師の働く現場は広がってきました。しかし、薬剤師は必ず調剤をしなければならないというわけではありません。製薬企業で医薬品全般に詳しいスタッフとして開発に携わったり、公的機関で薬事法規や衛生に関わる仕事に従事したりすることもあります。治験コーディネーターや臨床開発モニターなどの様々な職種で活躍している薬剤師もいて、職場が広いのが魅力です。

薬剤師のシニア求人を探してみると、掲載中の情報には、高年収や土日休みといった条件もあって、希望にあった募集求人があります。