新人を育てようという意識があるか

常に歯科衛生士の求人が出ているクリニックは、スタッフが定着していない環境とも考えられます。未経験の新人を育てようという意識がなければ、スタッフのモチベーションもなかなか上がらないでしょう。あえて厳しい環境へ飛び込みたいなど、事情によってはそのような職場で働くことも経験になります。歯科医院は新規開業が多く、新人を育てられないクリニックはこの先生き残れないかもしれません。環境の良い職場を見つけるには、幅広い地域で探していくことも大事です。自宅から近い職場でも、環境が良くなければ働く意欲にもつながりません。求人に応募したときの電話対応、面接でのやり取りからそのクリニックの雰囲気も感じ取れるはずです。

教育制度が充実しているか

扱う診療科目によって患者層も大きく変わってきます。自分が歯科衛生士としてどんな技術を身につけたいのか、キャリアプランを立てておくことも大切です。矯正やインプラントなど、何を専門的に学ぶかによって今後の進路も分かれていきます。職場の教育制度が充実していれば、長期的なビジョンも考えやすいはずです。結婚や育児といった家庭との両立も、働く環境が整っていれば問題なく実現できます。求人の募集要項を細かくチェックして、自分のライフスタイルに合ったクリニックを選ぶのがポイントです。条件は最低限のラインを決めておくと迷いにくくなります。何か心配な点や気になることがあったら、遠慮せず面接の際に聞いておきましょう。

歯科衛生士は基本的にどの歯科医院でも行う仕事は同じです。せっかく自身のスキルを活かすなら、待遇が良いのに越した事は無いので、積極的に歯科衛生士の転職を検討して行きましょう