歯科衛生士の三大業務

イキイキとした毎日を送るためには、楽しく会話をしたり美味しく食事をしたりすることが大切ですよね。そのためには歯や口の中の健康が欠かせません。歯科衛生士は、歯や口の中の健康を守り私たちがイキイキと暮らすためのサポートをしています。

歯科衛生士には法律によって「歯科予防処置」「歯科診療の補助」「歯科保健指導」の3つの業務が定められています。

「歯科予防処置」は、歯を失う主な原因となっている虫歯や歯周病を予防するために、口腔内をチェックしたり歯石や汚れを除去したりします。また、虫歯などを予防するための薬物の塗布なども行います。「歯科診療の補助」は、歯科医師の診療を補助し、一部の治療を担当します。「歯科保健指導」は、歯磨きやセルフケアなどの指導を保育園や幼稚園から老人ホームまで幅広い年代に行っています。

歯科衛生士は一生続けられる仕事

歯科衛生士は歯科医院や病院が主な活動の場です。しかし、口腔内のケアについて専門的な知識を技術を持つことから、学校や市町村の保健センター、介護施設など活動の場が広がっています。

近年では、歯や口の中と全身の健康の関係が研究され、口腔ケアが注目されています。虫歯の治療や歯石の除去などを行っただけでは、口腔内の健康を保つことが難しく、ふだんからのセルフケアが必要になります。口腔内のスペシャリストとして国家資格である歯科衛生士は、治療だけでなく予防や保健指導を通して、人々の健康をサポートをする仕事としてニーズが高まっています。

歯科衛生士の募集は、件数が多いという特徴があります。正職員ばかりではなく、パートやアルバイトなど、非正規の求人もたくさん出ています。