エントリーシートは応募企業によって異なる

中途で転職活動をするとき、履歴書と職務経歴書を作成します。履歴書は自分の名前や住所、学歴や職歴などを簡単にまとめた書類です。職務経歴書はこれまでの仕事の経歴などをまとめた書類です。新卒で就職活動をする人は職務経歴書の提出は必要ありません。履歴書の他にエントリーシートと呼ばれる書類の提出が求められます。履歴書は学校が用意しているものの他文房具店などでも購入できます。ではエントリーシートはどこから入手するのか、独自に作成するのかです。エントリーシートは求人を出している企業が独自に用意しています。会社説明会で配布したり、ホームページからダウンロードします。

履歴書とエントリーシートはどちらが重視されるか

就職活動で最初にある関門として書類審査があります。会社によっては書類の提出と同時に面接や就職試験をしてくれるところもあります。しかし人気のある会社などはすべての人に面接や試験を実施できません。事前に書類の提出を求め、書類審査でふるいにかけられます。今の新卒生は履歴書とエントリーシートの提出が求められます。書類審査ではどちらが重視されるかですが、多くはエントリーシートとされています。エントリーシートはそれぞれの企業が独自のフォームで作成していて、質問なども用意しています。企業が求めている回答を適切に行っている人が書類審査に通りやすくなります。書くときには履歴書との整合性も考える必要があります。面接の時も、エントリーシートの内容を聞かれるときがあります。

就職エージェントは既卒、第二新卒の人が利用するイメージがあると思います。しかし、優良企業へ就職するために就職エージェントは新卒紹介も行っています。